別府国際観光会館前

●撮影された年月
昭和50年代。

●写真に写っている人や場所
100歳で亡くなった私の祖母。
別府国際観光会館前(現在のトキハ別府店)にて。
別府国際観光会館は昭和38年(1963)4月にオープンし、昭和60年(1985)に解体。

●写真にまつわるエピソードなど
日本舞踊をやっていた祖母は晩年まで背筋がよくて颯爽としていました。
国観地下の『味の名店街』が懐かしいです。
国観にはよく歌手が来てました。一番古い記憶では母に連れられていった『じゅんとねね』です。『ずうとるび』はお客さんが少なくて、昼の部が終わって帰ろうとしたら、係の方が「ただでいいから夜の部も見ていってー」と頼まれて頭数になった思い出が(笑)私は別商ブラスバンドのブラコンで三年間お世話になった思い出深いステージです。

●写真の投稿者や提供者の名前
板井佐奈枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です